ふつうのこと

今、「ふつう」をズラすのがすごく楽しい。よくある合わせ同士を入れ替えてみる、いつもとは違う靴をチョイスする、レングスを変える、色味をズラす。ガラッと変えるわけでもなく、パンチが強い洋服で完結することもなく、少しズラす。ここでいう「ふつう」とは、自分にとって現実味を帯びていることだ。僕は洋服が汚...

Read more

Stefan / Jakeと話そう

At Paris Showroom, Stefan, Jake。もう一年以上前になる。。先日お披露目したStefan Cooke SS21 Collection。サイズ欠け等も出てきておりますが、店頭とオンラインストアにてご覧いただけます。StefanとJakeという2人のナイスガイがデザイナ...

Read more

悔しいもんね

イタイです。毎日、毎日、出勤するたびに店頭を眺めては、ああ、紹介できていない服、たくさんあるなあ。たぶん、みんな、この服の良さにピンっと来てないんだろうなあ。 と、物思いに耽ることが多々あります。自分が紹介しきれてないことを、頭の中で作り上げた「みんな」というおそらく一般大衆的な謎の集団のせい...

Read more

同じ話 / 嬉しいもんね

Instagramで分かることは、ブログではかきません。それは文章の長さとかっていう意味ではなく、Web上で文章を読むことは、本を読むことよりずっと簡単なことなはずなので、ちょっとだけ汗をかいてほしいなって思います。ジョギングくらいの。今日は昨日と同じ話をします。同じメガネの話です。どうしてか...

Read more

楽しいもんね

イタイです。いつもブログを書くとき、タイトルから考えています。厳密に言うと、パッと思いついた言葉をタイトルにしています。大体ブログを書き始めるときは、この日にこの服のブログを書こうと何となく前から決めておいて、その日になったらどういう流れでこの服を紹介できたら面白いかなあと、ネタを頭ん中やネッ...

Read more

改めまして

10周年というのは色々なことを考えさせられる。とうにイベントは終わり、ましてや本当の周年記念日は4/8だというのに、いまだに余韻が残っている。考えさせられる、余韻が。気持ちとしては、お店のオープンと同じくらいフレッシュなものかもしれない。一度立ち止まって考えて、無音を楽しむ時間なのかもしれない...

Read more

ウン、ウン

給付、ではない。もらえたら嬉しいけれど、某マスクみたいなものは困りますものね。休符、というものがある。昔からどうして休符みたいなものがあるのだろうと、いつも不思議に思っていた。ウン、ウン、数える意味あるの?音楽の授業で休符を描く練習をさせられたことは、未だにネに持っている。今になって、ようやく...

Read more

ずれる / ボケる

お題に対して的確なボケをする。ボケる、とは聞いている人や見ている人が思っても見なかったことを発言したり、行動に移したりすることであり、尚且つそれは一定の秩序のなかで行われることだからこそ面白みが生まれる、というようなことをいつか読んだことがあります。ボケとは、「秩序下のズレ」だ、のようなことを...

Read more

揺れる

イタイです。最近乗り物酔いが尋常ではなく。車酔いは昔から良くあることで、例えばタクシーに乗ったらまず最近常設されている広告のモニターの画面をオフにし、窓を少し開けて無心でただ到着を待つ、ということが習慣です。ただ、尋常じゃないというのは、車ならまだしも新幹線に乗っていても酔ってしまうという。い...

Read more

震える

イタイです。前回僕が書いたブログの結び。P.S.これから、ブログきちんと再開します。見てくださる方にとって川のような安らぎに、風のような刺激に、そしてルービックキューブが解けたような読後感をもたらせるよう、丁寧な文章を書きますね。日付を見ると、2021/2/22。2が多い。ではなく既に2ヶ月近...

Read more

オンでもない、オフでもない

このブログを書いているとき、ちょうど大阪で行う"The GRASS"の前日で、その準備やら、展示会シーズンの出張やらで、頗る「密」なスケジュールでありました。家に帰ってくるとホッとはするものの、それはそれでどうしても家だとどうしようもないくらい自堕落な性分ですから、何かに対するやる気が非常に削...

Read more

12/5(SAT) Mukta Re-Opening

12/5(土)よりMuktaはリニューアルオープンいたします。 私たちはMuktaというお店を洋服を通じて世代、性別を問わず様々な人々が交流し、お互いに成長、刺激を与えられる場としてショップを運営してまいりました。 当初に比べ、お取り扱いさせていただいているブランド数も増え、今なお私た...

Read more