Prologue "MA" 【KOZABURO AW20 Launch 9/5 13:00- 】

悪いとモテない。抜けていると間抜け。日本語の「間(ま)」とはつまり空間や隙間のことだが、単なる空白のことではない。単なる空白では悪かったり抜けたりはしない。目には見えない何かが確かにそこにあるのだ。何もないものが、ある。半年前、公三郎氏は"MA"というタイトルでAW20コレクションを発表した。...

Read more

捻れてゆく

捻れてゆく。一本の中心線を基にして、あっちこっちと左右に蠢く二本線。今まで平面的だと思っていたそれらがDNAのように螺旋状に捻れて立体的に形作られてゆく。 歪ながらも、自分の中では均整のとれた形を目指して。 この間、Omar Afridiのお二人と京都に行ってきました。神戸からは近いようで遠...

Read more

Foolish Heart

更新頻度少なくすみません。もう少し頻度上げます。先週の土日は二日間ありがとうございました。当店では皆様に初のお披露目となったOmar Afridiですが、AW20のデリバリーされていた分に関しては完売いたしました。 月末にボトムス一型と、ブーツがデリバリー予定です。見損ねた方はそちらをご覧いた...

Read more

"ギャップ萌え" - NEW BRAND "Omar Afridi" START 8/15(SAT) 13:00~ -

きっかけは偶然の出会いの積み重ね。控えめに言って運命だと思う。その魅力は一言で言えばギャップ萌え。洋服の見た目と着た時のギャップ。作るモノとその人柄のギャップ。オンとオフのギャップ。本当に昔からギャップに弱い。 とはいえまだ掴めていない男たち。見た目、嗜好、振る舞い、役割・・・デザイナーデュオ...

Read more

"Mr. Workaholic" - NEW BRAND "MATSUFUJI" START 7/6(Mon) 13:00〜 -

やれやれ。どうして人々は今日も働くのか。高校生の時、ため息をつきながら死んだ目で出勤するたくさんの会社員を電車で見かけてからサラリーマンになるのは辞めようと決意した。そんな顔してまで働く意味はあるのか?高校生ながらに大いに疑問を抱いた。2年前、自分はいわゆる「社会人」の立場になった。今では同期...

Read more

"The End" - Stefan Cooke AW20 ×Lee Launch on 7/4(Sat) 13:00 -

"The End"。何に終わりを告げるのか。終わりは新たな物語の始まり。幻想みたいな現実なのか、現実みたいな幻想なのか。 僕はLevisよりなぜかLeeの方が昔から惹かれる。 Leeの方が爽やかで好青年なイメージがある。StefanとJakeの二人はその青さのあるワードローブに奇妙なロマンを託...

Read more

「おくら」【6/27(Sat) - 30(Tue) "LES FRAIS" Launch Event at Sal】

梅雨明けまではもう少しありますが、連日雨ということも少なくなってきましたね。この時期特有のジメジメとした暑さは少ししんどいものの、店内は少しずつ秋冬に向けて準備が進んでいます。 なんでしょうね、この季節のギャップ。今年は4、5月をスキップしたようなものなので、尚更季節感を感じる余裕がないように...

Read more

sulvam AW20 Collection - "ORDINARY" or "EXTRAORDINARY" ? -

「普通」とは。定義するのはあなた。このコレクションはその一つのみちしるべ。そのあなたの物語を紡ぐお手伝いをさせていただくのが私たちMukta / Salです。 Up to you。なんて小っ恥ずかしいことは口が裂けても言えませんが、早過ぎる流れの中で少し立ち止まるきっかけになれば。 刹那的に生...

Read more

覚醒の香り

嗅覚は五感の中でもとりわけ記憶と密接に関係があるようだ。ある香りがトリガーとなって過去の良い(悪い)思い出が蘇ると言った体験は少なくないだろう。僕の場合は小学生の時に悪戯をして怒鳴られたオヤジが住んでいる家の金木犀の香りや、父親の中華料理屋の悪い油の匂い、そして姉のを勝手に使ってブチギレられた...

Read more

堅苦しい

堅苦しいのは嫌ですねえ。 肩も凝るし、時には耐えきれず発狂してしまいそうになることもありますよね。例えば「勉強」って聞くとそれだけで耳を塞ぎたくなるようなパワーワードになり得るというか、少しウッとする、はたまたそれをしてると些か偉いことをした気分になったりもします。僕も昔から「勉強」は苦手でし...

Read more

移行期/シェアリズム

いよいよ6月になりました。一年の折り返し。社会情勢が不安定ではありますが、その中でも充実した上半期をお送りできましたでしょうか。色々なことがきっかけで、日常的に潜んでいる様々な問題に対して目を向ける場面が以前より多くなったように感じます。自分の意見を持ち、発信することはとても大切なことです。で...

Read more

誰も知らない

デザイナーが洋服を作り、発表する際にエゴと自己表現のバランスを考えるとしたら、僕たち洋服屋の場合はブランドのセレクト、そしてアイテムチョイスの時でしょうか。と、ここまで書いて、今日は重たい話はやめましょうか。という気持ちになりました。インタビューを見ていただければ今は十分なくらい、今必要なこと...

Read more