A Not Formal Sox

どうも、イタイです。 Mukta / Salのオリジナルプロダクトを企画してみました。 第一弾は靴下。お店によく来てくれているお客様には結構長い時間お待たせしてしまいました。元々はAdventのユニフォーム別注、KLGのMishimaと同じタイミングでリリースしようとしたんだが。 今...

Read more

づきん、ずきん

人やモノを魅力的に感じるようになることを、日頃から意識している人はほとんどいないだろう。意識していたとしても、例えば自分の好きな人が好きだから、とか、なんとなく波長が合うから、とかそういう曖昧なものだと思う。 僕にとって大事なのはその逆の方で、つまり、自分にとってなぜこの人やモノは魅力的に感じ...

Read more

夢オチ

かねてより虫の中でもゴキブリが大の苦手で(多くの人がそうだと思うが)、いまだに見かけると声が出る。2メートル圏内に入っただけでも鳥肌が立つ。 今朝、そのゴキブリが物凄いスピードで自分に向かって飛んできて、逃げる間も無く、肩に止まった。 もし飛んできたらどうしよう、なんて想像を普段からすること...

Read more

Diary 015 今日から、盆

Diary 015 今日から、盆 茹だるような暑さでなかなか外に出る気が起きない方が、このブログを読んで少しでも出るきっかけになってくれればと思い、筆を取る。 昨日のブログでも触れていたが、続々と秋冬の新しい顔ぶれが店頭に並びはじめている。 この時期に服屋に行けばまだまだ暑いのに秋冬物が並ぶ...

Read more

カテゴリなんて要らない

こんちは〜。暑いですね〜。相変わらずブログを書く気になりません。どうしても長くて繊細めで、ちょっとエモい文章を読みたい!って方は過去記事でもどうぞ。(ブログにソート機能あったの知ってました?)日中は涼しい部屋でアンビエントかダブテクノでも一日中聴いていたいような日が続きますね。店にいるときは実...

Read more

ただ、いま

おはこんばんは。お久しぶりです。ただいま、時刻は朝ですが、ブログを更新するのはきっと夜なので、兼用の挨拶をしておきます。ブログを書くのは本当に苦手ですが、なんやかんや書いておいた方がいいんですよね。まったりいきます。 ただいま、京都にいます。先日眼鏡を作っていただいたストライクさんのお声がけで...

Read more

Diary 013 打たねば鳴らぬ

Diary 013 打たねば鳴らぬ 神戸、気温38℃。 ちなみに去年の今日の最高気温は31℃。暑くて頭が回らない。 7月が始まったばかりとは思えない暑さだ。涼しい場所でずっと過ごしたいものだが、そうしてばかりはいられない。回らない頭を使って、どうやって涼しく過ごすか考える。 日傘を差してみる...

Read more

Diary 012 余白

Diary 012 余白 23SSのオーダーが始まり、いま良いと思う服は何だろうかと考える。 いつも行くパキスタン料理屋でその話題が挙がった。これを着ておけばいい、とか分かりやすいトレンドブランドというものは既に無くなってきているのではないか。 今惹かれるのは「余白のあるモノ」じゃないか。 ...

Read more

sulvam AW22 Collection Launch

シーズンの始まりを告げるのはいつだってこのブランドだ。 sulvam AW22 Collection Launch at Mukta Date :6/18 (Fri) 13:00〜 on EC6/20 (Mon) 13:00〜 in Store Place : Mukta神戸市中央区加納町2...

Read more

Diary 011 - What I Was Doing / Check List

Diary 011 - What I Was Doing  / Check ListWhat I Was Doing最近Muktaに入ってくれたT中くん。かなりの洋服好きの彼は、実はかれこれ7年くらいの付き合いになる。長くて面白くない話をよくしてくれるし、すごく良いやつだ。彼は最近石垣島にバカ...

Read more

Diary 009 重くて軽い

Diary 009 重くて軽い 相反する言葉が同居する不思議なバランスが好きだ。最近だと幸福堂のクリーム大福だったり、トミーズの餡食パン。 ことファッションにおいてもそれが言えるかもしれない。 半袖・短パンのスタイルについては先にTとTも触れているので僕も続くと、軽すぎて落ち着かない、という...

Read more

Diary 008 名残り春

Diary 008 名残り春 初夏の香り。 年々、四季に対する意識が乏しくなってきているように感じる。日本という国ならではの、季節の移り変わりの美しさに不感症になるのは、中々切ない部分がある。ましてや、ここ2年ほどは外に出るのも億劫になる時期もあったのだから、余計にそう感じるのだろう。特に、春...

Read more