Diary 040 アヴァンギャルド・シェル

Diary 040 - アヴァンギャルド・シェル 最近めまぐるしい勢いで、時間が経っているのを感じる。なにかと年末年始もイベント事が盛りだくさんで忙しなく過ぎ、落ち着いたと思ったら春夏の新作が届いた。  自分はいついつのシーズンだから〜と思って服を見ないと再三話している気がするが、新作が届く...

Read more

sulvam - SS23

sulvam SS23 CollectionNow Available in Store and Online.https://mukta.jp/collections/sulvaminfo@mukta.jp078-291-5045Mukta / Sal

Read more

SS23

今週末、少し暖かくなるみたいですね。寒暖差が3月ごろまでジェットコースターみたいになりそうですが、うまいことレイヤード弄ってサーフィンするのがよろしいのではないでしょうか。 さて、早くも春夏の新作を明日14日から店頭に並べます。sulvamとDries Van Notenが主なラインナップで、...

Read more

Diary 037 - 幻のシックスマン

Diary 037 -  幻のシックスマン以前からも陰でサポートしていただいていた助っ人、イシベ氏。今年からは僕たちには見えない視点でのブログや接客なんかもガンガン参加していただこうと思い、改めて皆さまにもご紹介しておきます。 改めて自己紹介もあるかとは思いますが、僕からは簡単にイシベ氏につい...

Read more

Diary 038 - キッズリターン

Diary 038 - キッズリターン「俺たちもう終わっちゃったのかな?」 「まだ始まっちゃいねぇよ」そろそろsulvamが立ち上がる季節だ。自分はピッティウォモでランウェイ、カモフラが目についたコレクションから展示会に足を運ぶようになった。展示会に行ってまず、型数に驚かされる。グルーピングが...

Read more

Diary 036 - シン・成人

Diary 036 - シン・成人今日は成人の日。ちらほらとスーツや振袖姿の人たちを見かけて何だかほっこりした。いい天気だ。新成人の皆さまに講釈を垂れるほど厚顔無恥には果たして成れないが、というよりむしろ僕自身がまだ人に成りたてホヤホヤの身分だから、暖かい目で見守らせて貰いながら、せめていつも...

Read more

Diary 035 - 無駄遣い

Diary 035 - 無駄遣いLES SIXというブランドはMukta / Salの取り扱いブランドの中でも、ほぼ店頭に並んでいないという、特異な立ち位置にある。 鳥取生まれ、イギリス育ち、アメリカで基盤を築いてきた、ディレクターである川西 遼平(a.k.a.痛風持ちの皮肉屋)氏は、いかに今...

Read more

御歳魂

明けましておめでとうございます。Tver等々の配信サービスでの生放送の録画というややこしいものを見ながら年を越したので、なんだか時系列がよくわからないまま年を越してました。この先もっと時間の概念も変わっていくんだろうなあ。と浅めの思考でダラダラビールを飲んでいるうちに寝落ちする。今年も飽くなき...

Read more

Diary 034 - メリークリスマスの戦場

Diary 034 - メリークリスマスの戦場寝ぼけてるとか、急いでいるとか、何らかの理由でニットなんかを前後逆に着てしまう時がある。あの着心地の悪さったらない。でも、ブルゾンやジャケットは、前後逆に着ることはないけれど、意図的に裏返して着ることはよくある。いつも着慣れた服を裏返した途端、言い...

Read more

Diary 025 - 浪漫袖

Diary 025 - 浪漫袖ロマンさんという人がいる。ライターのお仕事をしていて、そのペンネームがロマンということになっているようだ。仲良しのチカザワさんと呑んでいる時や、酒の香りがするところでよく遭遇するが、まだ本名は知らないし、そのペンネームの由来も聞いたことがない。ただ、段々ヘベレケに...

Read more

Diary 023 AHDM

Diary 023 / AHDMレコードのB面に針を落とす時のワクワク。A面がアンビエント調のトラックから構成されているのに対して、B面がゴリゴリのキラー・ダンス・トラックだったときのキラキラ感。往々にしてその逆もある。 人間にはA面B面どちらも存在し、時たま自分が2人(もしくはもっと沢山)...

Read more

Diary 021 / サ活: 無味無臭 , 最後の晩餐

Diary 021 / サ活無味無臭日本がスペインに勝った。朝4時には起きれなかった。5時過ぎくらいに軽く目を覚まし、日本が勝ったことを確認し、果たしてこれは夢か現かと訝しる。寝る前に見たチェンソーマンとサッカーがごっちゃになった夢を見ながら、起きた頃にはインスタのストーリーズは白線で渋滞して...

Read more