有機的な無機物

ネットフリックスで攻殻機動隊の新作の配信が始まりましたね。
僕は3DCGのアニメーションが未だ受け入れられずに見ていないのですが、見た方が良さげですか?

敢えて気になるものを見ないという知識欲の禁欲という新しい価値観もあるのかな、なんて下らない譫言を考えたりします。

人間が無機物になる未来もこの状況がますます加速させるのでしょうね。
とはいえ生きている間は無さそうですけど。

肺そのものを人工物に変えれば肺炎になることも無いのかな?文系なので詳しいことはわかりませんが。

ただその未来の場合もコンピューターウイルスのようなものが発生して、結局は同じ問題を抱え続けるのでしょうか。


さて、とんちみたいなタイトルですが、例えばそうやって身体を人工物に挿げ替えたヒトや生き物は、細かい言葉の定義を置き去りにして、感覚的にそう呼べるのかなと。

実際に現代では手足や臓器を人工の物を使っていらっしゃる方も沢山存在するわけですし。
(逆にアンドロイドは無機的な有機物になるのかな?)

それをファッションの感覚に置き換えてみると、それは例えば素材、ディテール、はたまたグラフィック、柄、あるいはスタイリングとしてそのバランスを取る。

「有機的な無機物」「無機的な有機物」
遠回りな言い方をしましたが、SS20の気分はそういったイメージです。


このスーツはその一要素。光の当たり方で表情が変わるギラつきナイロンを使った、だけどシンプルで嫌味のないテック過ぎないテックウェア。

それを当店別注優しいカラーでお願いしたことで別ベクトルへ誘導。
元々展開していた色もカッコ良かったんですが、分かりやすさ重視で泣く泣く一点突破。唯でさえ分かりにくい事してんだから。

色一つで本当に印象って変わる物ですね。

できれば、いや是非ともセットアップで着て欲しい。
ジャケットは袖を外せるので夏も対応してます。

ちゃきさんはオーダーしていたジャケットに加えて、我慢できずに届いてからパンツも買ってました。そのせいで店頭分一つ減りました。なのでロビンさんの分のパンツはもう無いです。

それとシンプルにご紹介するのが遅くなったために、あと上下ともに1着ずつだけになりました。

スタッフ3人が買って(2セットアップ1ジャケット)、ご紹介の頃には店頭にはあと1セットしかないって本当に我ながらアホだなと思うのですが、過ぎた事なのですみません。

何卒よろしくお願いします。


D.TT.K GIRAGIRA YASASHII NYLON JACKET / TROUSER

P.S.
カミングスーン。


イタイタイコウ



May 2020