blackmeans Jacket Vol.1

とてつもなく冷え込みましたね。
西日本を覆った寒波と、
2日続いた雨が原因であることは明白。

毎年この時期はSSがスタートするワクワク感と
でもまだ着るには早い、、、
となるもどかしさとで頭がグルグルと回ります。

昨日、ダウンジャケットをブログでいじりましたが
寒すぎて袖を通している僕。

誤解しないで欲しいのは、
ダウンジャケットが駄目なのではなく
スタイリング次第ということ。

埋もれたくない。それだけ。

さて、春の兆しは近いようで遠い。
じゃあまだまだ冬を楽しめる!
ということでこの一着を改めてご紹介。

blackmeans
Leather Sleeve Stadium Jacket (BLK)
¥178,000 +tax

"圧巻"とは、このジャケットの為に
用意された言葉なのかもしれません。

Stadium Jacket 通称スタジャン。
一目で普通の一着ではないことが
お分かりいただけると思います。

ポイントを挙げると沢山あるんですが
僕のピックアップポイントは2点。
一つ。袖のレザー切り替え
(しかも革ジャンのディティール)
二つ。オリジナルワッペン

 

学生時代、恥ずかしながらデザイナーを目指し
革を使用して服から小物まで
様々なものを製作していました。

その一つに、MA-1のスリーブをレザージャケットに
レザージャケットのスリーブをMA-1にと
入れ替えてドッキングした作品を作ったのですが
まぁ、難しい事。
肩回りのシルエットが崩れるんです。
こんな綺麗に作れないんです。
(僕が下手だっただけかもしれない)

それをここまで美しく、
そして力強く体現しているので
圧巻の一言に繋がります。

ワッペンにもひとつひとつ意味があり
奥深い内容となっているので
気になる方は店頭にてご説明させてください。

sulvam
・belt bandage PT (BLK) ¥49,000 +tax
・×Tricker’s side gore boots (BLK) ¥98,000 +tax

sulvam SS20も着実に数が減ってきているので
まだご覧になれていない皆様は是非。

Muktaまでの道のりを後悔させません。

それではまた明日。

chaki

January 2020