一年越しのMIYAGIHIDETAKA

どうも。ちょっとブログを書かぬ間にすっかり涼しくなりましたね。
このくらいの気温になると半袖を着ている人がちょっと嫌なくらいです。
9月中旬から相変わらずの入荷ラッシュでしたが、紹介する間もなくさようならの嵐。
暑くてお休みしていた服ベーションがまたフツフツと再燃してきたおかげでしょうか。
少し前から書きためて、いつ公開しようか悩んでいたエディトリアルがもはや意味ないんじゃないかくらいの危機感を覚えてきたので、それは9月中に公開します。乞うご期待。

さて話変わって表題の件。
今週末に以前当店でもお取り扱いしていたシューズブランド、mythographyのデザイナーだった宮城秀貴氏が1年前にスタートしたMIYAGIHIDETAKAと当店がコラボレーションし、POP-UP STOREをSalにて行います。
先日のブログで詳細はリリースしましたが、もう少し裏話的なことを。

今からちょうど1年前に京都の藤井大丸で行った"The Grass"。(覚えていらっしゃるでしょうか?)
その時に個人的には初めて自分と関わってくださる人たちと一つ何かを形にできたポップアップでした。もちろん今思えば甘い点も多々ありましたが。

その時、特に宮城さんの考え方がすごく柔軟だったというか、面識もない他ブランドもある中で、そしてご自身のブランドをスタートしたばかりで慎重になるであろう時期に、地方のショップの一スタッフのポップアップにアイテムを並べさせていただいたことが、かなり印象に残っています。

ポップアップ後、MIYAGIHIDETAKAというブランドに改めて可能性を感じ、今後どこかのタイミングでMuktaに持ってこれたら、という思いで東京に出張の際、少しでも空き時間があれば宮城さんとミーティングを重ねていました。

そして至った結論が「スタッフ別注」。
いわばオーダーメイドの感覚。ふつうブランドに対してそんなことをしてしまっては、ブランディング的に悪影響を及ぼしかねないのですが、それを可能にするのは宮城さんのものづくりへの純粋な気持ちと柔軟さ。

例えばバンダナシャツも一般的には西海岸のカルチャーを想起させたりしますが、宮城さんがバンダナシャツを作り続けるのはそういうカルチャーからではなく、その柄の組み合わせであったり、色のフェードの具合であったり、モノとしての美しさに惹かれるからだそうで。

だからどんなスタイリングにも馴染むし、どんな人にも馴染む。
大げさに言えばどんなブランドともコラボもできる。
つまり僕たちみたいなバラバラの個性の4人組の無茶な注文だとしても言うまでもないことで。

×Robin BEIGE BANDANA SHIRT


×Robin NATIVE PATTERN SHIRT


×Chaki LEATHER SHIRT

×Mukta VINTAGE DOT BANDANA SHIRT

そして今回、今東京のストリートシーンで最も注目されている(最もお世話になっている)クリエイティブクルーYouthQuakeのメンバー、1sailくんが手掛けるFAF(Fake Ass Flowers)とのコラボレーションアイテムが僕枠。

自分で好きな服を作る自信はありませんでしたが、この2つがかけ合わさることで絶対にカッコ良くなる自信はあったので、無茶を言って一緒にシャツを作っていただきました。

FAF MIYAGIHIDETAKA BANDANA SHIRT

FAF MIYAGIHIDETAKA KANGA SHIRT

このコラボレーションシャツは今回のポップアップ限定で、いまのところ東京でも販売予定はありません。東京でお世話になっている人たちを、神戸で独占したような気持ちですごく申し訳ない気もするのですが、それはそれで気持ちいい。

ちなみに、別注アイテムに関してはほぼ一点のみしかありません。
だって今回のポップアップは究極にエゴだから。笑
あなたが買うか、僕らが買うか、勝負ですね。
「売れ残らない」ポップアップです。

久々にラフに書きました。
お待ちしております。

宮城さんの人柄も相まって、柔らかくスポンジのように人と人をつなぎ、僕らのお店に花を添えてくれる、
一年越しのMIYAGIHIDETAKAで。

MIYAGIHIDETAKA × Mukta POP-UP STORE

9/27(金)、9/28(土)
at Sal 神戸市中央区加納町2-4-10
13:00〜21:00
info@mukta.jp
078-291-5045
イタイタイコウ

September 2019