興味

興味(きょうみ)
人の関心をそそる面白み。

誰しもが、何かに関心を持っているもの。
僕で言うと
"服"

"バイク"

"SF"

都市伝説や陰謀論、UMAにUFOなんかも大好物。

余談ですが(僕のブログは殆どが余談)
米国防総省がUFOの存在を認めましたね。
近い将来、宇宙人の存在も認められるのかな~。
ワクワクする~!

さて、このブログを読んでくれている方々は
少なからずMuktaに興味があるはず。
服屋のブログなので、
服のご紹介が主であることに変わりはないのですが
本日はちょっとした番外編。

タイトル通り"興味"について。
当たり前のことですが、
興味が無いものを知ろうとする気になれないし
無理くり頭に入れても一晩寝ればポカンです。

じゃあ興味の湧き方って?
それは誰しも経験済みの感覚があるはずです。
意図しない出来事での遭遇。
目標立ててチャレンジした結果の遭遇。
人から人へ伝えられた情報による遭遇。
などなど。

例えば、全く気にもかけていなかったAさんから
告白されたとしましょう。
するとそれ以降はAさんに対して
大なり小なり興味が湧くのがごくごく自然。
(ポジティブ、ネガティブな要素は置いといて)

いつどこに自分が没頭できるものが
転んでいるか分からないからこそ
外へ足を伸ばすことが大切ですね。

そしてもう一つご紹介したいのが
人間の脳の一部について。

脳機能の一つにRAS(網様体賦活系)という
ものがあって、それは分かり易く言うと
フィルタリングという言葉で代用出来ます。

僕も含め、皆さんが毎日生活する中で
五感から得ている情報は
小さなものまで合わせると莫大な量です。
それを自分にとって都合よく脳に取り入れる為の
フィルター役がRASだと。

どういうことかというと、
バイク好きのCさんと、服好きのTさん。
2人で同じように街を探索した時に
Cさんは街中を走るバイクばかりに目が行き
Tさんはすれ違う人の服ばかりに目が行きます。
後ほどその記憶を振り返ると
同じ場所を歩いているのにも関わらず
全く異なる情報が残ると。
(逆に認識していない現実をスコトーマと言います)

自己啓発や、引き寄せの法則などにも
関わってくる話ですが、それに囚われ過ぎると
危ない宗教の領域に踏み込んでしまうと
個人的には思っているので、
一つの知識として頭に入れておくのが吉。

今、話してきたことを踏まえて、
皆様はこれまで当店でご紹介してきたブランドに
どんなイメージをお持ちでしょうか。

このブランドはこんな感じ。と
決めつけている部分があったりしませんか。
発見出来ていない魅力が
まだまだ詰まっているはずです。
自分の解釈次第(当たり前)ですが
違った角度からSS2020を見て欲しいし
情熱をもって伝えて行きたいと思います。

それではまた明日。

chaki

January 2020